スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今できること

毎日伝えられる震災の被害の大きさ・・

あまりにも凄まじい現状に言葉がでません・・

これから頑張らなくてはいけないのは、被災された人達だけではなく、

私達がもっともっと頑張って被災地を支えて行かなくてはいけないのだと

思います。

義援金や募金はもう多くの方達がやっているとは思いますが、どうか1度で

終わらずに・・・ 毎月のお給料が出たら少しずつでも積み重ねて何度でも。

伊達市はもともと仙台の伊達藩(亘藩)の方達が入植した街で、被災地とは

縁が深いのです。  すでに役場の人たちが先遣隊として現地に入っているそ

うですが、伊達市でも避難者を受け入れる体制がととのいつつあるそうです。

そうしたら現地に入ってボランティアはできなくとも、地元でできるボラン

ティアも沢山あると思います。

今、自分に何ができるのか・・もっともっと考えたいと思います。
スポンサーサイト

No title

仙台と伊達はゆかりがあるのですね。
流れる震災のニュースを観る自分の感覚が
驚きから悲しみに、なにができるだろう、と変化しています。
何年かかるのか考えると途方にくれてしまいそうですが
長い目でみて、常に心を寄せてお手伝いしていければ、と思います。
きっとみんなそう思っていますよね!

ろんままさんへ

本当にもとの暮らしに戻るまで、何年かかるのか・・
原発の問題など、日本はまだまだ問題が山積みですね。
誰もが予想しなかった大変な事態に、みんなが誰かのためを
思いやる気持ちで乗り越えていければと思います。
そして、日々感謝の気持ちを忘れずに・・・ですよね!!
非公開コメント

プロフィール

tomoelly

Author:tomoelly
愛犬エリーが2010年7月、
約13歳で天国へ。
日々徒然思う雑記

2011年4月
新しい家族、えるちゃんが仲間入り

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。